土地の購入には時間をかけよう【プロ直伝】

土地を買いませんか

せっかく新築一戸建てを購入するのであれば、土地も検討してみると良いでしょう。土地によって広さは変わってきますが、持っているといろいろなことに活用することができますよ。詳しく知りたいなら下記をチェック。

土地の広さの違い

狭い土地

狭い土地を購入しても物は使いようで活かすことができます。例えば、少ししかない土地に自動販売機を設置したり、駐車場やコインパーキングを作ったりすることもできるでしょう。それらを自分で運営すれば収益にすることも可能です。

広い土地

広さが十分にある土地なら、駐車場スペースを確保することができますし、子供の遊び場を作ることも容易です。近隣と離れているので、トラブルが起こる確率も低減させることができるでしょう。

土地の購入には時間をかけよう【プロ直伝】

室内

エリアで決める

高額な費用がかかる土地を購入しても、車でスーパーへ行くのに30分以上もかかってしまうようなところですと不便さを感じてしまう方もいることでしょう。そして、その不便さが不満に繋がることもあります。ですので、土地の購入を検討しているのなら、立地を考慮するのが良いとされています。

つみきの家

安全な土地かを確認

一口に土地といっても地形などによって強弱に変化があります。特に、現代で多いのは埋立地です。埋立地は立地がいいところが多いですが、人工土地ですので地震などの揺れに弱いと思っておいた方が良いでしょう。また、地盤改良されていない土地も強度がないと言えるので、きちんと調査や工事をしているか確認を取っておくのが得策です。また、目には見えない汚染物質がその土地にある可能性があるので、土壌調査もきちんとしておくべきです。

便利と安全性はどちらも譲れない

このように、土地にも色々なものがあるので、条件がいいからといって即決することは避けましょう。また、決め兼ねている場合はすぐに信頼のできる専門家に相談するのが賢明です。

広告募集中